子供のための部屋の模様替えを実践

今年の春から幼稚園入園を控えている子供のために部屋の模様替えをしました。
子供が一人で着替えから登園の支度までできるようにするには、専用のラックを使うといいという話を子育ての先輩から聞いて早速設置してみたのです。

 

専用のラックと言っても市販の子供でも手が届くサイズのラックを用意して、そこに幼稚園のロッカーと同じように、カバンを掛けておく場所や服をハンガーに掛けておく場所を作っただけですが、家と幼稚園で片付け方が同じ方が早く慣れていいのだそうです。さらにそのラックにはハンカチやティッシュ、靴下も収納できるようにして毎朝の支度をなるべくスムーズにしてあげます。

 

子供がその福袋を見て、早く幼稚園に行きたいと嬉しそうに言ってくれたのでとりあえずの模様替えは大成功のようです。

 

福袋 速報

 

争奪戦さながらの「福袋」で「福袋」を作る

 

某リサイクルブティックに勤めていたとき、正月は「福袋」なども作って販売していた。

 

「福袋」中身って、だいたい前期で売れ残った商品や、型落ちの商品などを入れて、処分みたいな形をとるけど、それだけでは悪質なので、新商品なども混ぜ込み「福袋」を作ったりします。

 

でもリサイクルブティックなので、型落ちとか、前期物は関係ない。やはり売れ残りを袋に入れるけど、それだけではメリットがないので、新品なども入れ込みます。ただ新品の商品は買い取りが少ないのでやはり商品集めに奔走する事になります。そこで商品を手に入れるために元旦から出勤。社長からお金を渡されて、デパート内のブランドショップに走る。目当ては「福袋」これを何個か買い集め、たくさんの「福袋」の手提げを抱えながら店に戻るのです。

 

お正月の争奪戦に巻き込まれながら「福袋」を買い「福袋」を作るという行為は今でも強烈な想い出です。

 

アクシーズファム 福袋

 

 

 

 

 

更新履歴